テーマ:シンセ・ポップ

バグルス (The Buggles) / Video Killed The Radio Star

1979年リリース 今や一発屋と呼ばれてしまっているバグルス登場 でもこの邦題「ラジオ・スターの悲劇」はデビュー曲でいきなり全英1位 歌詞からすると時代の移り変わりを思わせる内容... あのMTVが最初に放送した曲だそうな{%拍手w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーヴ・ウィンウッド (Steve Winwood) / Valerie

1982年リリース イギリスのシンガーソングライター 兄のマフ・ウィンウッド率いるスペンサー・デイヴィス・グループの一員として 1960年代中盤に大人気に パーカッショニストのツトム・ヤマシタ等にプロジェクトにも参加  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエロー・マジック・オーケストラ (YMO) / Technopolis

1979年リリース 世界に誇るYMO登場 最初に聞いたときは次元の違う音に驚愕したぜ この曲のアンニュイな感じが当時かっこよかった 竹の子君たちを思い出す・・・ 「それそれそれそれっ!」て感じじゃなかったけどね...{%トホホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤズー (Yazoo) / Don' t Go

1982年リリース シンセPOPの新星 YAZOOの大ヒットナンバー 元デペッシュモードのヴィンス・クラークとアリソン・モイエの二人組 現在でもいろんなREMIXをリリース 初めて聞いた時の衝撃はすごかった 音がシンセのみの曲作りで、何よりジャケットに惚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィサージ (Visage) / Fade To Grey

1980年リリース ニューロマンティックの発祥 ニューウェーブPOPの代表作 イギリスのテクノポップグループ。 当時のディスコでもかかってたが シンセの音が新しかった~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロンディ (Blondie) / Atomic

1980年リリース 未だに現役を貫いているのに敬服 ブロンディって「よぉ、ブロンドのお姉ちゃん」って事らしい。。。そのまんま 邦題「銀河のアトミック」 単調なメロディだが妙に頭に残る曲 この辺から ディスコサウンド&シン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オー・エム・ディー(OMD) / Electricity

1979年リリース ピコピコミュージックの先駆け「オーケストラル・マヌバース・イン・ザ・ダーク」 エノラゲイの悲劇と同様にヒット この後デペッシュモード、ヤズーなど世界的にシンセサウンドがブームに.. もちろんYMOも
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リップス・インク(Lipps Inc.) / Funky Town

1979年リリース ファンク&シンセなサウンドが当時新しかったナンバー 黒人3人組なんですが、検索でヒットする動画はなぜか 白人3人が多いのはなんででしょう? イントロのクラクションがイイネ!  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラー・バンド(Rah Band) / Clouds Across The Moon

1985年リリース  聴きやすい簡単な英語と ゆる~い女性ボーカルの声に癒されるシンセ・ポップ。 プロデュースはビートルズやウィングスも手掛けていた Richard Anthony Hewsonという方。 曲の随所に入り込んでくる宇宙オペレーターとミセス・ジョンソンの交信に{%三日月(チカチカ)hd…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more