テーマ:AOR

ボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)/ Jojo

1980年リリース 「We're All Alone」をはじめ、さまざまなヒット曲持つ AOR界の大御所。 この白スーツのPV、Jojoともう1本 「You Can Have Me Anytime」があるが 後ろに手を組んで演奏しているバンドメンバーのまわりを …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グローヴァー・ワシントンJr./ Just the Two of Us

1980年リリース サックスプレーヤー"Grover Washington, Jr."が ゲストボーカル"Bill Withers(ビル・ウィザース)を迎えて 大ヒットさせた邦題「クリスタルの恋人たち」 Will SmithやEXILEまでもがカバー 収録されている「WINE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョージ・ベンソン(George Benson) / Turn your love around

1981年リリース この頃はもう既にギターを持っていない・・・ 歌いたかったのね。あんなにギターうまいのに。 顔もだいぶ違うぞ・・・鼻筋が通ってらっしゃる。 このビデオの動きがなんだか不自然で(笑) でもでもお気に入りの1曲  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen) / The Nightfly

1982年リリース  Steely Dan解散後のソロ一発目がこんな歴史的名盤に。 語るまでもない、捨て曲のないアルバム。 なにより当時、このジャケットに惚れてしまいました・・・ PVになっているのは「NEW FRONTIER」だけ。 このバージョンも見てみたかった。 ”午前4時9分3秒のレスターナイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more