テーマ:ディスコ

ヴァン・マッコイ (Van McCoy) / The hustle

1975年リリース ちゃっちゃっちゃっちゃらちゃらっちゃっっちゃっ・・・ だれでも聞いた事のある名曲「ハッスル」 1975年の全米No1ヒット  洋楽に目覚めた小学6年生  いわゆるラジカセにて録音しました{%マイク…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブロンディ (Blondie) / Rapture

1981年リリース ブロンディのラプチュアー ロックバンドがディスコ調でしかもラップ 衝撃だったな~ アルバム”オートアメリカン”からのシングルカット  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボニー・M (Boney M) / Gotta Go Home

1979年リリース ボニー・Mの「ガラゴホーム」 ノリのいいカリビアンサウンド!スチールドラムに癒される~ 曲途中の変調がお気に入り   ザ・マジック・オブ・ボニーM~ベスト・コレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャラマー (Shalamar) / Full Of Fire

1981年リリース ボーカルはあの「ジョディ・ワトリー」 完成度の高いナンバーです 途中のヴォーカルがチェンジするところがかっちょいい! 後にフットルースでもヒットを飛ばします  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョージ・ベンソン(Georges Benson) / Give Me the Night

1980年リリース 2度目の登場!アメリカのジャズ・フュージョンギタリスト なんかアラベスクなんかと比べて大人な感じがして ”まだそんな子供ディスコ聞いてんの?”なんてイキがってたけど 十分まだガキだった...
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンプソン・ツインズ (THOMPSON TWINS) / LIES

1983年リリース UK発ニューウェイヴバンド、トンプソンツインズ! 当時シンセドラムがかっちょよかった~ 音作り、アレンジ、ルックス三拍子そろったスーパーユニット これからヒットを連発するんだよね~ 曲中の日本はそんな感じじゃないんだけど...{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイ・パーカー・Jr.(Ray Parker Jr.) / A Woman Needs Love

1981年リリース 後にゴーストバスターズで大ヒットするレイパーカーJr. たれ目でかわいい印象だわね ギタリストでデビューしたはずなのにいつの間にか歌ってたなー この曲はチークタイムによくかかってた このPVは80…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アバ (ABBA) / Gimme! Gimme! Gimme!

1979年リリース 再び登場!ABBA これです!このビート!ドンッドンッドンッドンッ! ロンサムカーボーイでラウドネスきかして音量アップして 窓全開にして あほですわ{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シック (Chic) / Good Times

1979年リリース 「おしゃれフリーク」とともに流行った ファンキーなスローテンポのナンバー ディスコではウォーミングアップの時間帯によくかかってた ここのギタリスト ナイルロジャースは後に マドンナやデュラン・デュランなどを手掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤズー (Yazoo) / Don' t Go

1982年リリース シンセPOPの新星 YAZOOの大ヒットナンバー 元デペッシュモードのヴィンス・クラークとアリソン・モイエの二人組 現在でもいろんなREMIXをリリース 初めて聞いた時の衝撃はすごかった 音がシンセのみの曲作りで、何よりジャケットに惚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィサージ (Visage) / Fade To Grey

1980年リリース ニューロマンティックの発祥 ニューウェーブPOPの代表作 イギリスのテクノポップグループ。 当時のディスコでもかかってたが シンセの音が新しかった~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones) / Ai No Corrida

1982年リリース あのマイケルジャクソンのスリラーを手掛けた 超大物プロデューサー 「クインシー・ジョーンズ」 1976年発表の大島渚監督、日仏合作映画の日本語名「愛のコリーダ」よりつけられた。 クインシーはこの曲の作曲者ではなく カバーとしてヒットさせた。 やはり敏腕プロデューサーだ{%超(チ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

キャロル・ダグラス (Carol Douglas) / My Simple Heart

1981年リリース モデル、子役などを経て歌手デビューしたキャロル・ダグラス 彼女のヒットナンバー スリーディグリーズのカバー曲です 重厚なディスコ調リズム 出だしの鐘の音が印象的 オリジナルもお借りしました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーランズ (The Nolans) / Gotta Pull Myself Together

1981年リリース 邦題「恋のハッピー・デート」 日本では石野真子もカバーしておりました。 ダンシング・シスターに続きこちらもオリコンシングルチャート1位! キャンディポップのパイオニア! アイルランド出身のキュートな四人組姉妹 いまだに現役でがんばってるよ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more